まずははっぴに関する基本的知識をお知らせします

はっぴは『法被』と書くこともありますが、日本で古くから伝えられてきた伝統的な衣装のひとつです。古くは武士の文化から始まったものですが、それがやがて職人や火消などの町人に広がり、様々なシーンで使用されるようになりました。現代でもその流れを汲んだためか、消防団員の制服として採用されているほか、祭礼などの伝統行事の場や、職人のユニフォーム、また、小売店のセールやスポーツの応援団などでもはっぴを採用している例を数多く見かけることができます。こうして振り返ってみると、日本の伝統と魂を体現したこの衣装は、モチベーションを上げなければならないシチュエーションにおいて、多く活用されていることに気がつくでしょう。最近では、舞踊やダンスを中心としたお祭りなどで、揃いのはっぴを見る機会が増えました。色とりどりで華やかな伝統衣装を翻して踊る人たちの姿を見ていると、古き良き時代の風景が思い起こされるようですね。

はっぴという衣装の定義を考える

はっぴの定義は伝統衣装の割に幅があり、基本的には「羽織の形式」をとっていて、「襟の折返しや付け紐がなく」、「簡単な筒状の袖の形をしている」ものを全般的に「はっぴ」と呼ぶようです。丈も腰くらいから膝丈くらいまでと選択の幅が広く、用途に応じて選ぶことができます。一応袖についての定義はありますが、近頃は袖なしのものもこう呼ばれることがありますので、儀式や祭礼用の厳格な衣装とは違い、伝統衣装の中でもカジュアルな部類に属するのでしょう。とはいえ、古来より「粋」がひとつの美学でもある江戸町人たちが紡いできたはっぴという衣装には、着こなしに色々な不文律があるようです。せっかく格好の良い衣装を着るのですから、伝統を上手く取り入れた着こなしを研究し、野暮なスタイルは避けたいところですね。

オリジナルはっぴが簡単に作れる時代

はっぴというのは伝統衣装で、元来は職人が手掛けるものでした。しかし、近頃は縫製技術や機械も進化し、布や印刷物を扱う様々な分野の企業ではっぴを作ることができます。驚くべきことに、これらの企業の中にはフルオーダーを格安価格で受け付けてくれるところも多く、注文枚数もかなりの小ロットからの申し込みが可能になっています。綿密な色合わせや修正の相談を経て出来上がる世界にひとつだけのオリジナルはっぴは、ビジネスシーンでも趣味の場でも、強烈な存在感を発揮することでしょう。現代は、様々な伝統が形を変えたり廃れたりすることで、失われてゆく例も少なくありません。しかし、はっぴという庶民の伝統衣装は、ここまで絶えることなく続いてきました。それは、この衣装が何よりも庶民のパワーを反映しているからではないでしょうか。イベントやお祭り、企業のPR活動には、はっぴのパワーを借りてみるのも良いかも知れません。

ファックスとメールは年中無休で受信可能です。 学校様に生徒さん踊り用に長いはっぴが大人気です。 波柄やファイヤー柄ロングはっぴが¥2,990税込です! 横浜ららぽーと正面入り口よりすぐ近くです! 横浜市の小学校様よりソーラン節用にはっぴのお申し込みを毎年頂いております。 営業時間は、月曜~金曜 9:00~18:30 土曜日 9:00~17:30 日曜と祝日はお休みです。 はっぴの製作はカメオカにおまかせください